2/24/2019 アイスクライミング 峰ノ松目沢


日付:2/23(土)~2/24(日)
天候:晴れ時々曇り
参加:宮崎(CL)、落合(投稿)


今日は小屋泊装備で軽量のはずだが、シングルとダブルロープが肩に食い込む...宮崎さんと楽しくおしゃべりをしながら、あっという間に赤岳鉱泉に到着。初日は赤岳鉱泉のアイスキャンディーで練習し、赤岳鉱泉小屋に宿泊。快適な夜を過ごした。

2日目。朝早く小屋を出発したが、出合到着時には先行PTが多数いる模様。F1手前にとても美しいブルーアイスのナメがあったが、どうやらそちらには行かないらしい。



F1はフリーで。
F2で抱さんと本日2度目の再会!
その節はありがとうございました(汗)


F2をガイドさん率いるPTが懸垂下降してきた。ガイドさん曰く、雪がぐずぐずで上の氷が期待出来ないためF3で引き返してきたとのこと。抱さんたちもF3で引き返し、別エリアに移動するらしい。宮崎さんは悩んでいたようだが、「行けるところまで行ってみよう。」と仰って下さりテンションが上がる。早目に下山して温泉に入って、美味しいものを食べてからゆっくり帰る案もかなり魅力的でしたが(笑)
F4は薄氷でドライあり。後続に2PT確認できたが、それ以上登ってくることはなかった。



F5は私からするとverticalで少し恐く感じた。宮崎さんが4本スクリューを打って下さり、落ちずに登れて一安心。
F6、F7をフリーで行かせてもらうが、緩やかな傾斜で時々アックスを使う程度。腐った雪に足を取られて膝下まで沈み込む。


本日のラスボスF8に到着。
既に先行PTがリードしており、TRで数本登るとのこと。聞くところによると横浜の山岳会の方で、当会に知り合いがいるようです。暖かい陽射しと冷風の中で1h待機。



ラスボスも私にとってverticalで、しかもちょっと被っている様に感じ、落ちる恐怖との闘いだった。氷柱からぼたぼたと滴り落ちる水滴をたくさん浴びながら、多目に打ってもらったスクリューを回収していった。最後の最後で落ちそうになり焦ったが、峰ノ松目沢を登りきることができた。


下山は2人のロープがキンクしまくりで懸垂に手間取り、かなり時間がかかった。宮崎さん疲れさせてしまってごめんなさい。そして何度か沢の水にロープが浸かってしまい、どぶ臭くなって萎えた...



岩根山荘と赤岳鉱泉のアイスキャンディーに続き、アイスクライミング未経験者を連れて行って下さった宮崎さんに感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。来季はスクリューを打ってリードできるようになっているだろうか?
宮崎さん、美濃戸口で食べたソフトクリーム美味しかったですね!また食べましょう、じゃなくて今後もご指導宜しくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿