2020.3.14-15 八ヶ岳・大同心北西稜・阿弥陀北西稜

日付 2020/3/14-15(土日) 天候 雪→晴 参加 斎藤、穴井(投稿)
行程 3/14美濃戸5:00-大同心稜-大同心北西稜取り付き10:00-大同心の頭16:30-大同心沢下降-赤岳鉱泉18:00
3/15 赤岳鉱泉5:00-阿弥陀北西稜取り付き7:00-北西稜上部岩壁11:00-阿弥陀岳頂上12:00-行者小屋13:00-美濃戸16:00

大同心北西稜4P目の凹角~垂直の草付き

少し前に八ヶ岳のW北西稜へトライしてきました。大同心の北西稜は個人的にも初めてでしたが、荒天のコンディションの中、なかなか充実したクライミングを楽しめました。
 初日はアイスバーンの北沢を歩き、赤岳鉱泉にテントを張って大同心へアプローチ。鉱泉についたころから雪が舞い始め、大同心の基部に着く頃には結構な勢いとなる。北西稜は大同心の左のスカイライン。いずれのピッチも傾斜が無いように見えたが。。
1P目 25m Ⅳ級 斎藤リード
 基部から裏同心側に下ったところにある、一本の目立つ灌木からスタート。赤布あり。
傾斜が無く歩きでも登れるように見えるがピナクル手前から立っていて意外と悪い。
ピナクル脇のチムニー状凹角に入ってしまえば安心できる。
 2P目 60m Ⅱ級
1P目のピナクルに立ったらすぐに稜に取り付かず、一度下って回り込んだ先の右のルンゼに入る。歩きで問題はないが大量降雪後は雪崩そうな斜面だ。ルンゼに入ったら右のカンテラインを目指す。
 3P目 30m Ⅲ+級 穴井リード
3P目から登攀を再開。雪の勢いがどんどん増してきて草付きやホールドが隠れてしまい難儀した。
 4P目 30m Ⅴ級 穴井リード
傾斜のある凹角から上部は垂直の草付きを辿る。最後は薄被りとなり、凍った草付きを求めてアックスを振りかざす。正統派な八ヶ岳ジャルパイン~を満喫できる良いピッチでした。
上部は傾斜が増すが残置ピンも間隔があり、緊張感も出てきて楽しめた。
 5P目 50m Ⅳ+級 斎藤→穴井リード
一度、大同心の正面にトラバースして回り込みフェースから凹角を直上。斎藤さんは回り込んだ先で行ったり来たり、あと一歩が厳しい様子。ビレイ点からは見えないし、中間には怪しいハーケン一本。。暫く粘るもリード交代。トライしてみるとなるほどフェースはホールドが細かく悪い。というか雪で隠れて見えない。除雪しつつ丁寧に登って凹角を抜けた。
 トポ上では灌木帯までロープを延ばすが、凹角上でピッチを切った為、残りの10メートル~6P目雪稜を斎藤さんに繋げてもらう。降雪の勢いはやまない。
 7P目 30m Ⅴ+級 穴井リード
最後のピッチは被ったワイドクラックから草付きをドームまで。
他の記録通り、確かに見た目から悪そうだ。クラックに3番キャメロットとフィストジャムを決めて離陸。不意に足が抜けて足ブラになるが何とか耐えて突破できた。いいところにハンガーボルトがあるのでA0したくなるが我慢できた笑
 ドーム頂稜はビレイ点がないので、肩がらみ、SABなどで。最終ピッチはテンションを構えてビレイしていたが斎藤さんは一度もテンションかかることなく最後までフリー完登!大同心北西稜は予想以上に良いルートでした。

 2日目は打って変わって、雲一つない快晴。
阿弥陀北西稜にトライ。個人的には3回目だったので摩利支天大滝から繋げる予定でしたが、前日の降雪から万一の雪崩リスクを考慮して、尾根から取り付くことにしました。
樹林帯のラッセルを終えると目の前にドーンと北西稜が立ちはだかる。
 八ヶ岳西面の尾根ルートで一番スッキリしてて好きな景色だ。
 1P目 20m Ⅲ級 斎藤リード
リッジを突き当たった第一岩壁から右に巻いてクライミングスタート。前日に比べたらとても快適だったらしく斎藤さんはあっという間にロープを伸ばして登っていく。リッジ通しのビレイ点まで。
 2P目 30m 穴井リード
バンドを左にトラバース。日が当たって心地良い。
 3P目 30m Ⅳ級 斎藤リード。
いつものスラブルートも雪が乗って厳しい様子。果敢にドライでの突破にチャレンジ。
順調に突破していきました。
ピークは快晴。久しぶりに快晴の八ヶ岳の山並みを見渡すことができた。
阿弥陀の頂上は貸切だったのに赤岳の稜線には登山客が数珠つなぎで登っていました。
晴れた日に登るのは気持ちがいいですね。


2020/3/1西黒尾根

2020.3.1雨後晴れ(山頂ガス強風)
参加  武藤信彦(CL)H(SL)
工程6:30土合駐車場~一ノ倉(偵察)~登9:00山指導センター~西黒尾根~13:00山頂~天神尾根~田尻沢コース〜16:30駐車場

一ノ倉に行って見て来い!
と,来年こそはの冬の谷川に向けて一ノ倉偵察~西黒尾根に行ってきた.



みなかみに着くと雨,ロープウエイ駅で1h停滞する.

さて
一ノ倉沢出合い、みぞれ混じりの雨、気温3度、先週積雪で量は場所によるが50100cmの新雪、風は体感で510m、中腹から濃いガスがかかっていて動きは早い、尾根、稜線は見えない。

さて
西黒尾根は
入会してすぐにご一緒させて頂きました。皆さんに着いて行けずタバコやめたんだよなぁ。今もあやしものだが



途中テントあり,先行パーティーがいたのでトレースばっちり
のぶさんはズボズボっと踏み抜きっぱなしで大変そうだったけど頑張ったね!
西黒尾根から下りていくスキーヤーやボーダーとたくさんすれ違った.






ラクダのコルあたりからガスが取れ東尾根がハッキリと見えてきた。第一岩峰までの尾根、リッジに2パーティー確認出来た。さいごの雪壁かな3人組パーティーが登っている、カッコいいなぁ羨ましいなぁとHさん!あんたはがんばれがんばれ!



で山頂へ
強風!真っ白!


東尾根三昧の西黒尾根でした。
今回もドカ盛り食べて帰りましょ!
いくら歩いても痩せないわ!
でも沢の計画が楽しみね!



Hさん皆さんありがとうございました。

のぶはる

2020/3/14-15 旭岳東稜

日付 2020/3/14(土)~15(日) 天候 雪→快晴 参加 上荒礒(CL)、宮崎(投稿)


3/14 6:00美し森駐車場発→出合小屋泊
3/15 4:40出合小屋発→5:10東稜取付き(レリーフの所)→9:00五段の宮→15:00旭岳山頂→19:00美し森駐車場

旭東稜へ女子2人で行ってきました!


当初1dayの計画でしたが、林道アプローチでロープを忘れて駐車場に引き返したり、降雪も強くなってきたりで2人とも髪やウエアやらが濡れてしまい、残念ながら(!?)初日は出合小屋までとしました。
出合小屋泊は全部で4PT、その内の2PTは、はるちゃんの以前所属していた会のメンバーという…。
山の世界は狭い。

2日目、AM3時。周りが起きだしたので予定を早めて私達も準備を始める。
旭東稜は他に同じく女子2人組が1PT。前日、このお二人が取りつきまで偵察がてらラッセルしてくれてたので、せめて稜線上はラッセル頑張ろうと少し先んじて出発するも、東稜の取りつきでアイゼン履いてる時に抜かされてしまう。
東稜へはレリーフの所から取りついた。


その後の稜線は、五段の宮まで一か所懸垂した(先行PTは巻いてた。)以外は、特段悪い場所はなし。




五段の宮では先行PTが一段目の登攀に苦労しててトップの交代やらなにやらで2時間くらい待つ。
(でも無風のポカポカ陽気で、景色もよく、絶好のもぐもぐタイムになりました!)


五段の宮の核心(一段目~三段目)である1ピッチ目は、はるちゃん。
私には5年前に全装で来た時に登れなかった苦い思い出が。。。
また、先行の登りを見てて結構悪そうだったので心して登ろうと思っていたら、はるちゃんが「私が行きます!」との事。
「時間も押しているし、最初のハーケンの所で30分以上かかるようだったら交代かな」なんて上から目線で思ってたら、はるちゃん、御在所で鍛えた華麗なアックス使いで難なく核心を越えてく。
ラインは一段目はハーケン沿い~二段目は右のカンテ側、三段目はハーケンのある凹状へ。
サクッと登られてしまい、本当にはるちゃんを眩しく感じました。(私はフォローで登りましたが、結構悪い悪い(苦笑))
又、今シーズン既に登っている抱さんと斎藤さんに教えてもらったおかげで、エイリアンの黄色と灰色のカムで割かしプロテクションも取れてたと思います。



2ピッチ目の雪稜、宮崎。その後の細いリッジも先行がロープ出してたので、スタカットと中間支点を取りながらのコンテで。

最終ピッチもはるちゃん。ここも1時間近く先行の待ち有り。
太陽が雲に隠れ、風も出てきて寒い寒い。
はるちゃんの取ったラインは、ピークを左に巻き、後のリッジは直登で。
出だしはプロテクションも取りにくいのに、よくもまあ登ったものだと思いました。


お疲れ様でした!
旭岳の頂上にダイレクトに抜けれるのは最高ですね。

はるちゃんとは初めてバリエーションご一緒しましたが、悪場に強いのはびっくりですね。
クライミング自体もとっても安定して登ってたと思います。
その強さは正直羨ましい…(笑)
またよろしくお願いします。


みやざき

八海山 イグルー

2020/3/7~8  天候 晴れ
参加 :武藤信(CL)  渡邉夫婦  塚越  越野  上荒磯  長野

八海山にイグルーを造営後に雪中キャンプを行いました。

↓↓↓ 是非  動画を見て下さい↓↓↓




楽しそうだなぁ  楽しかったなぁと思って頂けたら今回は完登ですね。

今年は暖冬  雪不足で中止も考えましたが山仲間のキャンプはやめられません。

本題のイグルー造作ですがリーダーが楽しみ過ぎなんの指示も出来ず不甲斐ない物でしたが想定内なので来年の宿題が出来ました。(参加メンバー様ゴメンなさい)

今回  行程や造作技術はありませんが誰でも参加出来る内容だと思います

来年はどこでやろうかな♬
楽しみだなぁ♪

参加メンバー様  読者様  ありがとうございました。








日光白根山 東面ルンゼ バックカントリー

日付 2020/3/8(日) 天候 曇り 参加 (CL)(投稿) 相原、A山
コースタイム 山頂駅9時~白根山山頂、滑走10時50分~五色沼12時~山頂駅15時10分
バックカントリーいってないな~と思っていた矢先、友人が日光白根山行ってみたいんですけど~と話があり普通にいくだけじゃつまらないから板持ってこいとゲレンデ経験しかない相方を連れて山頂直下から五色沼へ滑る東面ルンゼを滑ってきました。
2020年より冬季の丸沼高原ロープウェイ使用で日光白根山の登山はココヘリレンタルの使用が義務化され一人1100円の支払いが義務化とされていた。
今回相方に何もバックカントリーの持ち物を説明しないでいたら、ナップサックみたいなリュックで来たため、自分がボードとスキーを担ぐはめに、ゴンドラ山頂駅から山頂までまでトレースばっちりの登山道をかっとばす。
山頂までアイゼンなしで快適登山
2時間かからずで山頂へ
山頂では前日からバリエーション登攀で入山している会員とナイスタイミングで遭遇。
雪が少なくけっこー悪かったとの事。帰路も気をつけてーと挨拶し東面ルンゼの
エントリーポイントへ
山頂から少し下がった場所からエントリー
上部は50度近い急斜面でちょっとびびった。
出だしが雪が深そうで悪い為、雪面チェックで刺激を与えると
上部が雪崩ていった。おー怖い。
上部以外は快適な滑走となったが、滑走距離もそんな長くない為、ちょっと残念。
ルンゼが終わると樹林帯を滑り、凍った五色沼まで滑走。
五色沼に到着し安心感でいたらこっからが核心のスタートで弥陀ヶ池付近までラッセルの始まりがしんどかった~ボードとスキーを担いでは辛い。
山頂駅に戻ると先ほどまでと静寂だった山とは反対に人の多さに笑ってしまった。
キャピキャピしている男女を横目にしながら
山頂から4キロの滑走を楽しみ駐車場へ戻り帰路へついた。