2019年7月17日 富士裾野 景ヶ島渓谷 沢登り

日付 2019/7/17(水) 天候 晴
参加 (CL)(投稿)相原、山口
コースタイム 12時~駐車場 15時~遡行終了~16時駐車場
使用ギア 20mロープF2のみ使用 カム ハーケン アブミ ライフジャケット
成瀬陽一さんの著書「俺は沢ヤだ」で知った富士裾野にある景ヶ島渓谷
静岡裾野の小さな観光地で周辺は、住宅もあり県道も通っている。
そんな観光地に見事なゴルジュがあり是非行ってみたいと思っていたが
とにかく汚いらしい、まー自分も汚れだからぴったりだな
景ヶ島渓谷駐車場から2~3分で入渓点
F1は泳いで右側から登る。
F1を越えてゴルジュの中へ
すごい景色だが臭い、水を飲まないように注意する。
核心のF2
とりついて見るがツルツルで臭く登れないので
手前の壁をネイリングして人工で登る事にする。
ハーケン6枚うち込みアブミで突破。上部テラスではカム2つでセルフをとった。
カムは使える場所が少なく、ハーケンが多めにあると良い。
しばし臭い水から解放されるが、橋の上からは通行人の視線が痛いが楽しいセクションだった。
F2のフォロー
F2を過ぎると景色は開け泳ぎが多くなる。
だけど臭さは変わらない。
でも景色は立派で楽しい。
車の走る音、富士の演習場からの砲弾の音も聞こえてくる。周りには民家
上部に行くにつれて汚さ臭さもレベルアップ。
二人しておえおえしながら進んでいく。
景色が平凡な河原になった所で終了として、入渓点まで遊びながら下っていく。
この場所を沢登りの一つとして捉えた成瀬さんに尊敬しかない。
ごちそうさまでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿